高専生の就職の実態!?現実とメリット・デメリット

高専生の就職はとても簡単で、そして需要があります。しかし、簡単だからといって適当な大手の会社・職種選びをしてしまうと、自分が望んでいない職業に就く羽目になるかもしれません!

結果として私のアドバイスは、「体力を浪費する職場を選ばないように」ということ。

そして、これから就職活動を行う方へのアドバイスは「自分がゆずれない条件を持つこと」です。

高専とは?

高専とは高等専門学校の略称で、高校+専門学校のような5年制の学校です。
そして、高専は埼玉県、滋賀県、山梨県、佐賀県、神奈川県以外の県には1つはあり、国立51校、公立3校、私立3校の計57校があります。

偏差値は47~69と開いており学校によって変わってきます。
地域によっても変わってきますが、「高専に入れるなんて頭がいいですね!」なんて言われます笑
その理由は以下の学生生活についての学習編をご覧ください!

高専では主に工学を学ぶことができ、卒業することができると有名企業に就職するか、
大学3年生に編入、または専攻科という高専のさらに上のステップ
に進むことができます

高専生は都合がいい存在?

これはとても単純な問題です。

高専を5年生で卒業すると、短大卒と同じ扱いです。
そして、高専生は大学生以上の専門性を持っています。

まとめると、大学生以上に優秀な高専生を短大卒と同じ給料で雇うことができるということです!

高専生は企業の方々から人気のある存在というのは、高専生は技術力に優れており、教育の手間が省けるからという理由もあるのですが、給料的なことも考えて人気があるということを知っておきましょう。

就職後の現実

これから就職後の現実について話します。

これは、私の友達たちから聞いた話もあるため、鵜呑みにしすぎないこと!!

メリット

待遇がいい

大手企業は福利厚生が充実しています!

家賃補助や社宅、寮を用意している会社がほぼほぼで電気代を免除してくれる会社もあります。

また、帰省時の交通費の補助や、自社商品を購入する際の割引なんかもあります!また、昼食は食堂なんかが完備されている場合、食費を抑えることもできます!

会社によって福利厚生はさまざまですが高専生が就職する会社は大手企業が多いため、大抵の場合福利厚生の恩恵を十分受けられると思います!

ブラック企業に入る可能性が低い

大手企業になるほど社員に優しい環境が整えられています。

しかし、これは一概にそうとは言えません。

企業全体としてはホワイト企業であっても、自分が配属になる部署はブラックかもしれないからです。

職種や人間関係など様々な条件が運悪く重なってしまった場合は、ブラックな職場になるかもしれません。しかし、今のご時世では心配する必要もないとは思いますが。

デメリット

残業が多い

これは日本全体の企業に言えることですが、高専生が就職する会社でも残業は多くあります。しかし、大手企業になるほど残業をさせない傾向にあるため、高専生の場合は回避できる可能性は極めて高いです。

しかし、正直会社と部署によるためなんとも言いづらいですが、現場職なんかだと作業スピードが遅い場合残業することになるため心構えをしておきましょう。

交代制のシフト

高専に来る求人は大手企業ばかりですが、その半分はシステム管理のための2・3交代制の職種です。

私の友人でも半分ほど交代制の職種についています。

この交代制は手当がるため稼げるのは確かですが、疲労がものすごいそうです。しっかりとして休日がないんですから!

高専から就職した人の中で、仕事がつらい、やめたいという人の多くはこの職種についています。

この職種は電力会社やガス会社、amazonなんかでも交代制の職種になるため、求人をしっかり見て後悔のないように選んでください!

辞めてしまう人が1~2割

高専では学生はかなりだらしない生活を送ります。ピアス空けたり、金髪にしてみたり。

学生と社会人のギャップがあり、かなりの人が疲労困憊します。

そして、高専生に求められている技術を仕事で活かすとなるとかなりの疲労であると考えられます。

また、交代制のシフトの人は疲れが比ではないので、辞める方が多いです。

工場勤務で毎日作業着

高専生の就職先はIT企業でもない限り、8~9割は作業着での勤務になります。

これはもうあきらめるしかないレベルです。

むしろ毎日私服考えなくていいからラッキー程度に考えておくと楽かもですね。

まとめ

結果としてはデメリットが多いような気がしますね(笑)

しかし、会社に入ってメリットの方を多くあげるほうが難しいというのが、人間というものですので仕方ない。

ここで知ってほしいことは、高専生の就職はとても簡単で、そして需要があります。しかし、簡単だからといって適当な大手の会社・職種選びをしてしまうと、自分が望んでいない職業に就く羽目になるかもしれません!

自分がやりたいことや、ゆずれない条件をしっかり決めて就職先を選んでみてはいかがでしょうか!

キャリア 高専
スポンサーリンク
Rion's Blog
タイトルとURLをコピーしました