【完全版】Instagramインサイトの導入方法と使い方

みなさんは自分の投稿はどんな人が見ているのか気になったことはありませんか?

Instagramにはインサイトという機能があります!

インサイトでは、自分の投稿の閲覧数や、投稿を観た人の男女比や年齢の割合を確認することができる便利な機能です。

そのため、フォロワーを増やしたい方や、インフルエンサーはこの機能を使うことをおすすめします!

この機能を使うことで、どのようなジャンルが見られやすいのか、どんな年齢層に見られているのかを確認し、ターゲットを絞るこができるようになります!

インサイトで見ることができるデータ

・閲覧者数

・いいねなどの反応数

・フォロワーの年齢や、性別の割合、エリア

・広告が表示された回数(インプレッション)

・プロフィールの閲覧数

etc…

インサイトの設定方法【4ステップ】

①プロフィール画面からメニューをタップし、設定を開く

②アカウントをタップし、プロアカウントに切り替えるを開く

③クリエイターかビジネスを選択する

この2つでは、選べるカテゴリが違うだけで後で支障はないため特に気にせず設定していいと思います。
私はクリエイターを選択し、ブロガーに設定しました。

④インサイトがプロフィールに表示される

インサイトの内容

インサイトの内容はコンテンツ、アクティビティ、オーディエンスの3つに大きく分けられます。

私が思うに、オーディエンスが1番重要であると感じています。

コンテンツ

コンテンツ、投稿やストーリーズ、広告の閲覧数を確認することができます。

閲覧数が多い投稿を見極めることができるため、今後の投稿の傾向をつかむことに役立つと思います。

アクティビティ

フォロワーが多い場合の例

アクティビティでは、アカウントに訪れた数や、投稿が表示された回数などをみることができます。

リーチとインプレッションの数の関係として、インプレッションの数が多く、リーチの数が少ないとユーザーが繰り返し見ているということになります。

そのため、ハッシュタグなどの変え多くの人に見てもらえるような工夫を考えることができます。

オーディエンス

オーディエンスでは、フォロワーが住んでいる場所や年齢層、性別の割合、活動している時間帯がわかります。

年齢と性別の割合がわかることで、ターゲットを絞ることができます!

そして、時間帯をみることで、どの時間に投稿すれば1番反応が来やすいのか予想することができます!

インサイトを設定した後の注意点

実際に導入してみてすぐにデータが見ることができるわけではありません。

実際には、インサイトの設定が終わった次の投稿からのデータを確認することができます!

そのため、いち早くインサイトを設定した方が良いです

そうすることで、自分の投稿の解析ができるため、フォロワーに対して適切なアプローチができるでしょう!

まとめ

今回はInstagramのインサイトという機能についてお話させていただきました。

この機能を使いこなうことで、自分の投稿のターゲットを明白にすることができるのではないかと思います。

ぜひ、機能を追加してみてください!

また、今回の記事では【インスタグラム】インサイト機能の見方と活用法を参考にさせてもらいました。

Instagram 学ぶ・習得
スポンサーリンク
Rion's Blog
タイトルとURLをコピーしました