【画像付きでわかりやすい】炊飯器で簡単に作れる柔らかローストビーフの作り方!

今回は炊飯器で作れるローストビーフの作り方を紹介します!

画像付きのため自宅で簡単に作れると思います!

まず、知識として覚えていてほしいのは、たんぱく質は60~73℃になると硬くなってしまいます。

そのため、温度調整の部分に必ず注意して作ってみてください!!

作り方

ローストビーフ

牛肉モモブロック(※肩ロースでも可)300g~350g
ニンニクチューブ☆1~2cm
しょう油☆大さじ2
みりん☆大さじ1
料理酒☆大さじ1
☆の代わり→源たれ大さじ4

※肩ロースの場合、モモ肉よりも脂身が多いためスライスが難しいですが、おいしくできます!!

☆牛肉に味を染み込ませるために使います

①牛肉ブロックをまな板に用意する

②味を染み込ませやすくするために牛肉ブロックにフォークを刺す

③ジップロックに牛肉を入れ、☆の調味料も入れる

④20秒ほど揉みこみ、冷蔵庫に1時間ほど入れる

⑤肉をジップロックから取り出し、中火で1面5~10秒ほど焼き色がつく程度に焼く
※この時ジップロップから☆の調味料を捨てないでください!
※焼きすぎると中まで火が通ってしまうので、表面だけ焼くこと!

⑦焼き色がついた肉を調味料が入ったジップロックに入れる
 ※ジップロック内はできるだけ空気を抜いたほうが全体に調味料が染み渡ります!

⑧お湯を沸かす(ケトルで沸かすと時短になります!)
 ※お湯は熱すぎると肉が硬くなってしまうため、沸騰前で沸かすのをやめましょう

⑨肉の入ったジップロックとお湯を炊飯器にいれ、保温ボタンを押し、40分ほど待つ

⑩40分経ったら、肉を取りだしキッチンペーパーで水気を取る
 ※下味の調味料はソースで使うため取っておいてください!

⑪肉を薄く切って、出来上がり!!

肉からかなり血が出てくると思いますが、それで大丈夫です!

逆に肉から全然血が出てこなかった場合、中まで熱が入りすぎているため、硬いローストビーフになってしまうため注意してください。

補足

スライスしたローストビーフは、タッパーに入れて保存できます。
しかし、保存期間は2、3日と見た方がいいでしょう。

ローストビーフのソース

☆ローストビーフに使用した調味料の残りすべて
大さじ1/2
砂糖小さじ2
わさびお好み

①☆と酢と砂糖を混ぜる
 ※マグカップに入れると、砂糖が溶けない場合電子レンジで温めて溶かすことができます!

②しょう油皿に①を入れ、お好みでわさびを盛りつけたらできあがり!

補足

もし、調味料を捨ててしまった場合は、しょうゆ小さじ2、酢小さじ1/2、砂糖小さじ1/2くらいの感覚で、作ってみると少量のソースができますよ!

ソースを多く作ってしまった場合も、ローストビーフと同様に2、3日保存ができます。

時短調味料の紹介

肉に下味をつけることで、ソースをかけなくてもおいしいローストビーフが出来上がります!

私の作るローストビーフの下味は、上記のレシピで以前まで作っていましたが、今は源たれという焼き肉のたれを使用しています!

上記の☆調味料の代わりに、源たれを大さじ4入れるだけでいいのです!

源たれは様々な料理に使えます!リンクを貼っておくので、ぜひ使ってみてください!

KNK 上北農産加工 青森の味!スタミナ源たれ 410g目安在庫=○
価格:260円(税込、送料別) (2020/12/2時点)
学ぶ・習得
スポンサーリンク
Rion's Blog
タイトルとURLをコピーしました